正しい化粧水の使い方を覚えてニキビ跡を治そう

正しい化粧水の使い方を覚えてニキビ跡を治そう

スキンケアを行う時、ただ何となく化粧水を顔に塗って終わりにしてはいませんか。
ニキビ跡をしっかり治療したいとなれば、正しい使い方が重要になります。
スキンケアの際化粧水を手に取ったらすぐ顔に塗らず、そのまま手の熱を利用して温めて下さい。
また顔に塗る時コットンではなく手を使用するのが大切です。
なぜ手を使うのが大切かというと温めることで美容成分が肌に浸透しやすくするためです。
温まったかなと思ったら顔全体に手で押し当てるような感覚で馴染ませていきましょう。
目元や口元など乾燥しやすい部位は多めに浸透させるのがコツです。
指も使ってしっかり馴染ませるようにして下さいね。
スキンケアが十分にできた目安は、手のひらが肌に吸い付くくらいとなっています。
そして化粧水が合わない時の判断基準は使い始めた日から3日の間に、かゆみやかぶれ、ニキビなどの症状が出ます。
もし肌に違和感を感じたらすぐに仕様を中止しましょう。
ニキビ跡を増やしてしまわないためにも、正しい方法で安全にケアしていくことが大切です。


Comments are closed here.