ビニールカーテンの開き方

ビニールカーテンの開き方

保温性や防塵効果が高く、雨よけや間仕切りなど、様々なことに活用されているビニールカーテンですが、その名の通りやはりカーテンとして活用されているケースが多いようです。
しかし、カーテンの開き方によって用途や効果が変わってくるのを皆さんはご存知でしたか?今回は、ビニールカーテンの開き方について調べてみました。
カーテンの開き方には片開きと両開きの2種類があります。
片開きはカーテンの両端から出入りできるのが特徴。
メリットとしては密封性が高いということが主に上げられます。
片開きカーテンは、そんな密閉性という特徴を活かして、埃や雨をできるだけ入れたくない場所や、冷暖房効率を上げたい場所によく使われています。
反対に両開きは片開きほどの密閉性はありませんが片開き同様カーテンの両端から出入りできるほか、中央からも出入りできて大変利便性が大きいです。
なので、出入りの回数が多くよく開閉する場所に適しています。
カーテン1セットの面積も広いので、間口の大きい所にもおすすめです。
このように、ビニールカーテンは、素材だけでなく、開き方でも使い方が変わってくるとても奥が深いものなのです。


Comments are closed here.