その製品日本ロール製造が作っているのかも

その製品日本ロール製造が作っているのかも

普段、何気なく使用している様々な物。
当然の事ですが、これらを作っている企業や工場があります。
そう考えると不思議な気持ちになりませんか?例えばアナタがバッグや、ソファに使っている合成皮革やビニールシート。
これらは日本ロール製造と言う企業が作っているらしいのですが、その企業の事をどれだけ知っていますか?中には初めて企業名を聞いたという方もいらっしゃるでしょう。
この企業は1888年に創立し、その当時はロール機器という特殊な機器を製造していました。
時代の移り変わりに合わせて、現在の様に様々な製品を輩出する様になったのです。
約1世紀以上前からある企業なんて驚きですし、今も尚、最前線で様々な製品を製造しているなんて、驚きですよね。
日本ロール製造は「技術を売る企業。
」と言う理念を掲げているのですが、今後は今以上に活躍していく企業とも言われているのです。
そんな日本ロール製造に関して、詳細を調べてみる事にしました。

日本ロール製造は何を製造しているの?

日本ロール製造はロール機器という、製品をロールしていく機器を製造したのが始まりです。
しかし、その機器一本だけではありません。
ここではどんな製品を世に輩出しているのかを、紹介していきたいと思います。
まず挙げられるのがプラスチック加工機械、タイヤのゴムを混練する為の機器、さらには二次電池加工機械を販売している様です。
これらは1つ1つは小さな機器であったり役割かも知れませんが、これらが無ければ成り立たないというケースが多々あります。
ちなみに近年ではドイツ製の研磨機を導入したらしく、ロール精度が更に上昇し製品のクオリティや、生産性もアップしているとの事です。
日本ロール製造で作られた製品を見てみる
これからの取り組みとしてはゴムやプラスチック製品以外の、新素材にも分野を広げるべく開発を進めていると言われています。
日本ロール製造では日本を支えるものづくりの企業として、採用情報を掲載している事もありますので一緒に製品を輩出したい!と思った方は問合せてみるのも良いでしょう。


Comments are closed here.