新しいフライパンがいろいろと使いやすくておすすめしたいほどだ

新しいフライパンがいろいろと使いやすくておすすめしたいほどだ

新しい料理道具というのは気持ちのいいものだ。
包丁にしても鍋にしても新しいものだと気分もいいし、何だか料理も上手く作れそうな気がする。
実はこの間、新しいフライパンを買ってきた。
前のは柄がグラグラになって危なかったので買い換えることにした。
今度のは前のより少し大きめで、しかもフッ素加工の焦げつかないやつだ。
古い方は鉄のフライパンで焦げつきやすくて使いづらかった。
だが今度は焦げつかないし、いろいろ料理を頑張ってしまおうという気分になっている。
とりあえずナポリタンを作ってみたがいつもよりパスタとケチャップの混ざり具合がいいような気がした。
しかも、このフライパンは洗いやすいのもいい。
そのケチャップのついた状態でも軽く洗うだけでさらっと汚れが落ちて非常に使いやすい。
こんなの今は当たり前だと思うが、前のと比べると格段に使いやすいので人にもおすすめしたいくらいだ。
ちなみに今日はそれで小ぶりのカレイを丸ごと揚げてみた。
少し大きめなのでカレイがちょうど収まったしサイズ的にも申し分なかった。
あれは普通の炒めもの以外でも、そういう料理をしたい人にもおすすめできるものだと思う。


Comments are closed here.