念仏宗のお寺

念仏宗のお寺

念仏宗の総本山は佛教之王堂の総伽藍です。
7年の工期と、350万人の力を持ってたてられたその寺院は、1661年の黄檗宗萬福寺建立以来、約350年ぶりの総伽藍の創建になります。
境内の面積は55万坪もあり、そのなかには本堂のほかに4つの門と手水舎、地蔵堂や観音堂などのお堂と、信徒会館などが配置されています。
また、そんな伽藍には長い歴史を持つ仏教の伝統文化を基としながら、現代最高水準、最新の技術によって作り上げられた10,524点の彫刻、374,500点を超える彫金がほどこされています。
それだけでなく、念仏宗の総伽藍には、和の心を伝える日本庭園があります。
庭園には日本全国から集められた100本をこえる銘木、そして銘石があり、季節によってさまざまな表情を見せてくれます。
また、念仏宗にはそんな総本山のほかに、京都の別格本山、九州本山があり、そして北海道から九州まで全国10教区に、36の別院や施設をもっているのです。


Comments are closed here.