日本人と念仏宗をはじめとする宗教とのつきあい方

日本人と念仏宗をはじめとする宗教とのつきあい方

私たち日本人は念仏宗などの宗派を持つ仏教を古くから持っていながら、現代に至るまで明確に宗教を打ち出してきませんでしたよね。
現代に至っては、さまざまな宗教のイベントを日本でも古くからの伝統のように行っています。
結婚式を神社で行う人もいれば、キリスト教の協会で行うひともいます。
子供ができれば、七五三を神社やお寺に行って行います。
私もお化粧をしてもらって、行った覚えがあります。
それから、秋にはハロウィンのイベントをし、冬にはクリスマスを祝福してから、お正月を迎えます。
本当にイベントがたくさんあって楽しい時期ですよね。
ハロウィンの仮装、クリスマスのケーキとクリスマスソング、お正月の初詣、と私たちは当たり前のようにイベントを受け入れています。
日本人は多文化を上手く取り入れているような気がします。
特に大きな争いもありませんし、とても平和で良いと思います。
このように、さまざまな宗教が入り混ざっている環境で生きていますが、それは島国だから実現しているということもできるでしょう。
これからも、日本の特性を生かして、念仏宗やその他の宗教と良いお付き合いをしていきたいものです、


Comments are closed here.