硬派な人間が集う新宿の賃貸オフィス

硬派な人間が集う新宿の賃貸オフィス

私はハードボイルドな生き様をしている男。
そんな私だから軟派な六本木や渋谷では味わえない新宿賃貸オフィスライフをお届けする。
まずは、新宿がなぜ、硬派の街になったのかを見て行こう。
押さえておかなければならないのは甲州街道。
甲州街道は徳川家康が江戸入府時に、江戸城が陥落した時の事を考えて、甲府までの避難路として整備された。
街道沿いには甲賀、伊賀、の忍者も配備していたぞ。
常に未来を見据えて行動した家康は硬派な男の代表だ。
時は瞬く間に過ぎて、昭和40年代、街は高度経済成長の活況の中、更なる開発と発展の時を迎え、副都心開発、駅周辺開発、都庁移転、そして今、新たなバスターミナルも完成した。
ここでも多くの名もなき硬派な人間が、新宿命と働いてダイナミックで刺激的な街を造っている。
おっと、硬派は知的じゃなくては駄目。
大学や学校が多いのも特徴だ。

大学病院も有名どころが目白押し。
防衛省もあるから、UFOが襲撃して来たって新宿賃貸オフィスライフなら安全さ。


Comments are closed here.