世田谷で不用品回収を迷っている方へ

世田谷で不用品回収を迷っている方へ

いつか処分しようと思っていつまでも捨てられず埃を被っているものはありませんか?まだ使えるけれど模様替えをしたら使わなくなってしまった家具や子供が使っていた電子ピアノ。
不用品回収ででも処分したほうがいいかもしれないと、時々ふと思い出しながら長年そこにあるものですからそれが生活の一部になってしまって不便を感じにくいかもしれません。
高かったのだからもったいないという気持ちも働きます。
ですが、例えば電子ピアノやエレクトーンは横幅や高さが1m以上あるものが標準的な大きさですし、見えないところへしまいこんだ健康器具も意外とかさばるものです。
マンションが多い世田谷の住宅事情からいえば、こういった不用品を自分で運び出すことはなかなか難しいでしょう。
それに、不用品の分別は意外と知っているようで知らないということはありませんか?今回は世田谷区で大きな物を処分するときはどのようにするのか、不用品回収について区の決まりをみていきたいと思います。

世田谷区、不用品回収の境界線は?

世田谷区では基本的に粗大ゴミの処分を区の受付センターで行うよう呼びかけています。
不用品回収は1世帯あたり1日1回、個数は10個までという決まりがあるようです。
回収できない物ですが、冷蔵庫や洗濯機などの大物家電については購入した販売店などで引き取ってもらうことを推奨しています。
販売店での引き取りは遠方で購入していたり10年くらい年季が入ったようなものだと少し難しい感じがするでしょうか。
タイヤやバッテリーなど特殊なものも世田谷区で回収を行っておらず、やはりメーカーへの問い合わせが必要なようです。
その他の家具類は問題なく出せるようで、自分で運び出す場合は無料ですが区に頼むときは別途経費が発生します。
不用品回収は事前に予約が必要で、受け入れられる量の関係で希望の日に回収できないこともあります。
不用品回収業者を世田谷で検索
特に3、4月や年末年始など、ちょうど引越しや大掃除のシーズンにかけてですね。
行政のサービスですから料金は安いですが、その分制限もあるようですね。


Comments are closed here.