レーザー穴あけ技術の長所と注意点

レーザー穴あけ技術の長所と注意点

穴あけをしたり、物を切断したりする技術は、モノづくり大国である我が国ではいつでも時代の最先端のものを取り入れてきました。
近頃のものを加工する最先端の技術はレーザー光線を使ったものがあげられます。
この技術はドリルや刃物を使って穴あけや切断をしていた従来の方法と比較して長所がとても多いので、今日では多くの製造業で利用されている技術です。
どうしてレーザーを使う技術が優れているかというと、一番に挙げられることは対象物に直接触れることがないため接触時に発生する熱が皆無であり、熱による材料の変形がなくものすごく正確に穴をあけることが出来るのです。
しかしこのようにい事ばかりではありません。
この技術では不可視レーザーといった人間の目では見ることのできない光を使用しています。
よって作業中には細心の注意をしておかないとあやまって作業員を傷つけたり、目などに当たってしまうと失明の危険もあるのです。
その対策として最近では作業する人と加工するもの(対象物)の間にドアなどのガードするものが設置されていたり、危険を回避する工夫がされています。

レーザーによる穴あけ技術の進化が携帯機器を発展させる

日本の加工技術は海外からも高い評価をされていて、その発展はとどまることを知りません。
特にレーザーを使って物を切断したり、穴あけしたりする技術は大変な進化を遂げてきています。
この技術は人間の想像をはるかに上回る細かさで穴あけなどを行うことに成功しました。
ピコ秒レーザと呼ばれる最先端の技術では1ピコ秒(1秒の1兆分の1)というとてつもなく短いパルス幅の光線を対象物にあてて加工をします。
このようなものは一般的にはレーザー微細加工と呼ばれています。
この技術では材料を加工する際に発生する熱が一切出ないため、従来のような熱による材料の変形、誤差、損傷が発生することもなく加工が可能となりました。
熱が出ないために従来は熱によって加工が困難とされていたこまかな精密機器の部品、例えば携帯電話やスマートフォンや携帯音楽プレイヤーなど、私たちが普段から身につけて使用しているポケットに入るような携帯機器の発展にも一役買っていると言っても過言ではありません。

最近のレーザによる穴あけ、切断技術の進歩について

レーザー光線を使用した、ものの加工技術は、私たちが信じられないくらい精密に加工できるように進化を遂げていることを御存じでしょうか?
対象物に対して正確に穴あけしたり、正確に切断したりすることが、そうとうな細かさの範囲内で行われているようです。
ピコ秒レーザーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ピコとは時間を表す単位です。
レーザ穴あけの実力を見る
1ピコ秒とは1兆分の1秒という想像もできないくらいの短さです。
このピコ秒単位のパルス幅で発生させるレーザーによる穴あけや切断技術は従来のものと比較しても一瞬で加工してしまうため、加工する際に摩擦で発生する熱がほぼないので、穴あけや切断の際に対象物が熱による変形や、誤差がないという素晴らしい技術なのです。
この技術の発展によって、携帯電話、スマートフォン、携帯音楽プレーヤーなどの部品がとても精密に作られるようになり、このような携帯機器の発展につながっていると言っても過言ではありません。


Comments are closed here.