保健科学研究所と介護

保健科学研究所と介護

保健科学研究所が介護?と思う人は多いかもしれません。
研究所と書いてあるくらいですから、薬などの研究する場所にしか考えられないですよね。
保健科学研究所が超高齢化社会にむけて介護の事業をスタートさせたんです。
介護施設などは何処の地域でも見かけますよね。
でも、研究所が色々、研究をして、考えて作った施設だから安心と感じませんか?神奈川県にいくつか施設があります。
サイトでも施設内を見ることができますが、とても清潔で、高齢者むけに考えられて施設になっています。
今、抱えてる人も多い、認知症に対しても取り組んだ内容です。
訪問、通い、宿泊と家族に合わせての対応もできるようになっています。
仕事をしながら高齢者の親のお世話をするのは楽なことはではないですが、保健科学研究所が考えた施設は、その家族と一緒になって考えて、どちらにも、生活らしい生活を送れるようにと考えてくれています。
安心して、お任せできるところだと思っています。

治験と保健科学研究所

保健科学研究所と言って、すぐに思いつくことは実験と思ってしまうのは私だけでしょうか。
でも、実際に研究上が行っているのは臨床検査や治験などを研究しているところです。
治験とかテレビドラマなどではよく耳にしますが、実際どんなところかは知ることも見ることもないですよね。
治験とは簡単に言うと薬の開発のことです。
沢山の人の病気を治すために毎日、検査、検査の繰り返しで、本当の薬になるまでに、本当に長い道のりがあるそうです。
確かに、その薬一粒で苦しい病気を楽にできたりするのだから、簡単に世の中には出てこないですよね。
保健科学研究所で色んな病気があるなかで、病気に対して効果的な薬を本気で考えてくれているから、昔より今が良くなっているんですよね。
難しい国家試験を受けて、誰かのために。
と思って毎日取り組んでくれている保健科学研究所の人に感謝です。
その研究でガンに効く薬が1日でも早くできたらいいな。
と思っています。


Comments are closed here.