静岡県にある写真館に足を運んでみませんか?

静岡県にある写真館に足を運んでみませんか?

人が感動や感傷などに浸ることは、なにも音楽や映画などのエンターテイメントに限った話じゃない。

たとえば、美術館や写真館なんてのも、休祝日だけでなく、ちょっとした時間の使い道として考えてみたいイベントと言えなくはないだろうか?

静岡県にもそうした写真館がひっそりと展示されていて、日々少なくともなく、多くもない人々に小さくない感動と感銘を与え続けている。

静岡県では比較的知られている場所のようだけども、おそらく地元の人であっても、深い興味を抱くようなことはそこまでないかもしれない。

しかし、写真館で映し出されているのは誰かの何気ない時間だけではない。

歴史的な背景を十二分に感じさせる壮大なスケール感溢れる大作や、普通なら誰もが通った道である筈なのに、いつのまにか忘れてしまっていた小さな発見、ともすれば聞いてしまいそうな、かすかな声を見事に表現した一枚など、あなたの心の奥底に訴えかけるシーンがそこにはきっと見つかるだろう。

静岡県にある写真館で撮影をお願いした

つい先日のこと。

静岡県にある、とある写真館へと足を運ぶ機会に恵まれた。

別段わたしが特別に写真などに興味があるわけでも、ましてや撮る方や見る方においてなにかしらの関心を寄せていたわけではない。

たまたま、静岡県のわたしの住まいの近くに写真館があって、なにかと展示していたので興味がわいた、それだけのことである。

ちなみに、人生の節目節目に記念と称して撮影している「アレ」のことである。

孫娘が入園するということで、プロフェッショナルなカメラマンの手で、記念撮影に相応しい様相でお願いしてみようと娘が言っていたことから、わたしたちが記念にとプレゼントすることになったのである。

これから先、スマートフォンの普及によって携帯カメラがごく当たり前のように取り扱われているなか、きちんと写真にしてもらえる機会なんて無いであろうし、写真館でそうしたプロフェッショナルにお願いするのも、より良い記念になって良いんじゃないか?

と思ったのです。


Comments are closed here.