自然なかつらって結構少ない

自然なかつらって結構少ない

私、昔血液の病気にかかってしまったんです。

結構重い病気でして、抗がん剤治療を受けました。

4人部屋でしたが、みんな血液の病気の人達でした。

病名はそれぞれ若干違いましたが、全員抗がん剤治療を受けていました。

抗がん剤治療を受けるとなると、よくドラマで見かけますが、髪がゴッソリ抜ける訳です。

抗がん剤の種類によって、まつげまで抜けちゃう人やまばらには残る人、様々でしたが、まばらに残るにしろ、そのまま外を歩けるような状態ではありませんので、退院してから外出するにはかつら必須になるわけです。

帽子だけで過ごす人もいましたけどね。

でも帽子だけって、すっごく病人感出ちゃうんですよね…。

そう思うのは私だけでしょうか?

何しろ入院中はみんなそんな感じだったもので…。

帽子の裾から、髪の毛がちょっとでも覗いているだけで自然に見えるんです。

でも、かつらって結構高いんですよ。

量販店の安物買うと、ナイロンです!

って感じがモロバレ。

自然なかつらはなかなかの高級品で手が出しづらかったです。

私は幸運にも何度も抗がん剤治療をしなくて済んだので、かつらのお世話になる期間はさほど長くありませんでしたが、人によっては抗がん剤治療を入退院繰り返しながら続けなければなりませんでした。

そうゆう人には、自然なかつら、あったらものすごくありがたかったでしょうね。

もっと手に入りやすくなればいいのになと思います。

あまりにも自然なかつらだったんでびっくりした話

大学時代、私は喫茶店でバイトしてました。

街中にあるホテルの中に入っている喫茶店で、客層は広かったように思います。

ある日、50代60代くらいのおばさま方が、わいわいコーヒーを飲みにやってきました。

席に着いた瞬間から、トークのテンションはMAXでとても楽しそうでした。

注文のコーヒーが出来たので持っていくと、一人のおばさまが「私かつらなのよね~」と話始めました。

急な話にビックリして、目の端からチラッと見てみると、かつら感が全くありません。

そのおばさまは恥ずかし気もなく、その自然なかつらをみんなの前で外し始めました。

すると、まるまるスッポリかぶるタイプではなくて、ピンポイントに頭頂部だけをボリュームアップするものでした。

にしてもものずごく自然です。

サッと外したと思ったら、付け直すのもあっという間でした。

すごく簡単そうでした。

お値段は、当時で6万円くらいしたと言っていました。

今からもう10年以上前の話になります。

でもあまりに自然なかつらだったので、かつらをものすごく見直すきっかけになりました。

頭頂部にボリュームが出るだけで、オシャレ感と華やかさが増すんですよね。

私も将来髪の毛のボリュームが気になりだしたら、買おうかなーと思った出来事でした。

自然なかつらだったら被りたいな

髪の毛は女の命ってよく言いますよね。

…もしかして古いですか?

でも、髪の毛がキレイな人は、同性から見てもとてもステキに見えます。

毎日のケアにはもちろん気を配りますが、こまめに美容室に行って整える人もいますよね。

でもたまーに、かつらでも被って思い切りイメチェンしたくなったりしませんか?

髪の毛は女の命ですから、バッサリ切るのは勇気がいっても、かつらだったら手軽だし、みたいな。

でも手軽な安いかつらは、やっぱりかつら!

って感じがして、不自然なんですよね…。

けれども自然なかつらはものすっごく高い。

何十万とするものもあります。

人毛使ってるからですかね。

人工毛でももうちょっと自然なかつらは出来ないものでしょうかね。

そうすれば、思い切って髪の毛を切ってやっぱり違った!

なんてことは起きにくくなりますよね…。

髪型に飽きたら、ちょっとかつらを被ればいいわけですから。

自然なかつらがもっと一般的になったら、おしゃれの幅も広がるのになーって思います。

かつら3種類くらい用意して、服と同じようにかつらを選べたら楽しそう。

寝癖も気にしないでよくなって、忙しい朝の時間短縮になりそうですよね(笑)


Comments are closed here.