微生物の同定の方法とは

微生物の同定の方法とは

実際にはどのような方法を使用して微生物の同定をおこなうのでしょうか。

一通り見てみましょう。

まず細菌のばあいですと、形態を観察します。

さらに同定できるキットが存在するので、それを用いて検査をします。

さらにはDNAを用いて検査をする場合もあります。

このように、非常に科学的な技術が必要になるようなのです。

酵母の場合も同じようにDNAを用いて検査をします。

カビの場合には、形態を観察した結果をもとにして、微生物の同定の試験をおこないます。

また、こちらでもDNAを用いて試験をおこなうことが可能です。

DNAというものは、なんにでも使用することができる、非常に優れた遺伝子なのですね。

DNAはみなさん1度は聞いたことがあるものでしょう。

そんな身近な物質が、多くの場面で活躍をしているのですね。

今後は、きっともっと多くの場面で活躍をしてくれることでしょう。

いったいどんなことにしようされて、人間たちが生活するうえで役に立ってくれるのか、楽しみですね。


Comments are closed here.