テニスの試合で勝つポイント

テニスの試合で勝つポイント

テニスの試合で勝つには技術力だけでは勝てないことがあります。

これはどのスポーツにも共通して言えることですが、スポーツはメンタル面が重要です。

練習のときに立つコートと本番のときのコートでは違います。

何が違うかと言いますと緊張感です。

練習試合も正式な試合も緊張します。

緊張しない人は私の経験上まだ見たことがありません。

緊張することでいつものプレイをしようと思っても上手く出来ません。

練習ではいつも入るサーブが入らなくなったりします。

では、皆さんは何に対して緊張すると思いますか?

テニスという球技は一ポイントが非常に大切です。

ラリーで頑張って相手から一ポイント取ったとします。

次にサーブを二回外してダブルフォルトになったら、さっき頑張って取った一ポイントが無駄になってしまいます。

そういう理由から入らなかったらどうしようと体の動きが悪くなり、思い通りのプレイが出来なくなってしまいます。

プロでもない限りテニスで試合に勝つ為の一番のポイントはいかに緊張することを軽減できるかです。

テニスの試合で強いのは上手い人と強い人どっち?

テニスの上級者には実は二種類の人が存在します。

それは強い人と上手い人です。

まあ、中には強くて上手い人もいますが、そういう人は稀です。

まず、強い人とはどういう人だと思いますか?

テニスの試合はより多く相手のコートにボールを打ち返した人が勝者となります。

つまり、どんなフォームであろうが、相手のコートに多くボールを返した人が強い人になるわけです。

例えば、足が速い人はどんなボールにも追いつけるので相手のコートに打ち返せれば負けることはありません。

他にもラリーは苦手だけど誰にも取れないサーブを打つことが出来る人、これもまた強い人になります。

では、上手い人はどういう人だと思いますか?

打つフォームが綺麗な人、これはなかなか真似出来ることだはありません。

他には自分の打ちたいところにボールが打てる人これも上手い人しか出来ないことです。

ただ、先ほど説明しましたが、ボールをより多く相手のコートに返すのがテニスです。

テニスの試合をしよう

ですので、フォームが綺麗とか好きな所にボールが打てるからと言って試合に勝てるというわけではないのです。

ですので、自分がどちらになりたいのか考えてから練習すると今までより違った意味で一段階成長するのではないでしょうか。


Comments are closed here.